コロナ疲れ

ベルギーのコロナ第二波が落ち着きを見せ始めていますが、重症患者数はちょっとしか減らず、まだまだ気が抜けない状態です。みなさん、この長引くコロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか?コロナが与える影響は直接的・間接的に計り知れません。今、先の見通しがつかない中で、これまで溜めきた疲れやストレスがあふれ出すケースが増えています。
ただでさえ人はよくわからない状態が嫌いです。それだけでストレスや不安を感じることがあります。だから、今辛く感じたり苦しく感じるのは決して不思議なことでも弱いことでもなく、自然なこと。こんな時こそ自分の中の声にしっかり耳を傾けてください。

私は「今できることをする」という言葉が好きです。昨日できたことが今日できるとは限らない。たくさんのことをできる日はたくさんして、できない日はできる範囲のことをする。しんどい時はそれが、ただ早く寝ることかもしれません。できない自分に腹をたてて更に辛くなるんじゃなくて、今の自分の状態を把握して、良いと思う選択をする。当たり前といえば当たり前ですが、私は 迷った時、この原点に戻ることが役に立っています。

今できることを決めるのは自分です。そのためには、できるだけ自分をわかっていた方がいい。自分をわかるためには自分に意識を向ける必要がある。このコロナ禍の中、自分に意識を向けて、そこに苦しさや辛さがあれば気づくようにしてください。

気分が落ち込んで活動が鈍った状態を「抑うつ状態」と言いますが、うつ病とは違います。うつ病は誰でもなる可能 性があるといいますが、あれは本当。でも早く気づいて対応すれば未然に防げるし、うつ病になっても早く回復しやすいものです。 不調を感じたら、十分な休養、規則正しい生活、バランスの取れた食事、最低限の睡眠の確保をしてみてください。意外とこれで改善する場合もあります。それから体を動かすことの有効性は証明されているので、ウツウツとしたら一度「えいやっ」と体を起こして動いてみてください。思った以上に気分の変化を実感できるはずです(軽く汗ばむくらいだと、より効果を感じられると思います)。

そして苦しくなったら決して一人で抱え込まず、周りの信頼できる人に話すことも大事です。⻑引いたり、日常生活に支障が出てきたら、迷わず医師や専門家に連絡してください。

できることをして、疲れたら休んで、支え合って、この時期を乗り超えましょう。


厚生省健康保険適用仮プロジェクトの拡充 / extension des soins psychologiques de 1ère ligne

現行プロジェクト変更の通達がありました。基本的にはコロナ臨時対応の内容と同じです。

変更は以下の3点:

1.     65歳以上の方も利用可能に。(2020年末まで確定、その後は未定。)

2.     所定用紙への記入をGeneral Practitioner(一般医)、精神科医に加え、産業医と老年科医にも依頼できるように。

3.     これまでの「不安」、「うつ」、「アルコール」に加え、「睡眠薬・抗不安薬使用」のケースも扱えるように。

より多くの方に使っていただけるようになりました。

注:ベルギーのMutuelleに入っている事が必須条件となります。

心理カウンセリング臨時対応について

べルギー政府
3月24日の公式決定をもって、私たち心理士は通常のカウンセリングと同じ条件のもとオンラインカウンセリングで皆様に対応していきます。

政府のコロナ情報全般(仏、蘭、独、英語):
https://www.info-coronavirus.be
* 疑いのある方は、まずホームドクターに電話して指示を仰いでください。(ホームドクターがいない場合はどのGeneral Practitioner(一般医)でも構いません。


厚生省プロジェクト「1ere ligne psychologue」
この期間の特別対応で、利用しやすくなりました。
1. 全てオンラインカウンセリング。→ 5月4日〜6月30日までの間、オンラインと相談室来談の両方が可能です。(6月30日以降、オンラインカウンセリングの適応はできなくなる予定)
2. 所定の用紙提出の代わりに、General Practitioner(一般医)、精神科医、産業医から心理士への報告だけでも可(メール、SMS等)。今の期間だけ産業医からも受け付けます。

また、ベルギーのMutuelleに加入の方なら65歳以上の方でも利用できるよう現在協議中。報告があり次第、情報追加していきます。
当面の間、年齢制限なしで対応することを決定(4月2日)。


Solvoa

4月20日まで以下の対応をさせていただきます。→4月30日まで延長。
1. 平日 9:00〜11:00の間、コロナによるストレスの無料電話相談:
一人20分。あらかじめこちらからご予約いただき、当日、無料相談専用番号: 0489190097 へおかけください。(繋がらないストレスを避けるため予約制にしていますが、匿名をご希望の方は適当に記入してください。)
カウンセリングと同じく秘密厳守です。お気軽に。

2. オンラインカウンセリング1回40ユーロ。

コロナウィルスに負けないように〜気持ちの保ち方〜 / Faire face au coronavirus

いま私たちはコロナウィルスによって、これまで経験したことのない毎日を余儀なくされています。ベルギーは学校が休みになって約2週間、 ロックダウンが始まって1週間あまり。感染を防ぐこと、そして何より命を守ることが大切だとわかっていても、「きついなぁ」「しんどいなぁ」と思う瞬間がポツポツと増えてきました。
みなさんもそうではないでしょうか?
こんな時こそ普段の自分を保てるように、メンタルにも気を配ってください。

先日Commission des psychologuesから送られてきたお便りの中に、この時期のメンタル維持に必要なことが書いてあったのでシェアしたいと思います。  

できることをする、疲れたら休む、当たり前のことですが大事ですね。

必ず収束する日がきます。それまで、がんばりましょう!


オリジナル(仏語)→ Commission des psychologues

1.起こっている出来事について知る。
不安な状況下ではフェイクニュースが出回りやすいものです。心理学の研究でも人々は不安な時に考え方や見方が偏りやすいこと、嫌な事柄に注意を向けやすくなることがわかっています。そこを修正して、公的機関などの信頼出来る情報を頼ってください。

2. 子供がいる人は子供に説明を。
学校が休みになるなど、子どもたちもしっかりコロナの影響を受けています。年齢に合わせた方法で、正しい情報を伝えてください。
これまでと同じ日常生活を維持させながら、不安やストレスに対しては親がサポートしてあげてください。

それから、子どもは身近な大人をモデルにします。このことを忘れずに。
すべての親御さんたちに思い返していただきたいことです 。

3. 周囲とのつながりを切らさない。
・日常の環境をできるだけ保つ 。
・周りの人と気持ちを伝え合う。
・ストレスを吐き出す。
・心配な気持ちを大きくしないようフェイクニュースを退け、 公式情報や指示を意識的に共有する。
などを意識しましょう(ただし、ウィルスを広げないよう政府の方針に従うことは忘れないようにしてください)。

4. 専門家を頼る。
もし不安や恐れに飲み込まれるような感じがして、毎日の生活(仕事、対人関係)が脅かされるようなら、メンタルヘルスの専門家、できれば近くの心理士(psychologue)に連絡してください。今は人が病院に来なくて良い状況を作ることがとても大事です。

5.各自、安全対策をする。
自分と周りの人たちの安全に気を配る。
「自分をコントロールしている」という意識は、不安など負の感情に対して有効です。手洗い、環境対策(イベントを避ける)、人との距離を取ること(狭い場所に大勢でいることを避ける)など、衛生面での政府の指示に従うことから始めてみてください。

ベルギー政府の対策についてはこちらで確認可能です(仏、蘭、独、英語) 。
https://www.info-coronavirus.be



Voici quelques conseils importants de la Commission des psychologues pour mieux traverser la situation actuelle :

  • Gardez le bon point de vue : actuellement, il existe deux menaces réelles :
  1. Les groupes vulnérables : le virus menace un certain nombre de groupes dans notre société, en particulier les personnes âgées (65 ans et plus) et les personnes déjà affaiblies (par exemple par une autre maladie). Nous devons les protéger.

  2. La surcharge du système de santé : il existe un risque réel de surcharge de notre système de santé. En conséquence, les soins de base essentiels ne pourraient plus être fournis en raison de la défaillance des prestataires de soins de première ligne ou les personnes touchées ne pourraient plus être admises dans nos hôpitaux. Nous ne pouvons peut-être pas prévenir l'infection, mais nous pouvons réduire et aplanir le pic d'infection afin d'éviter une telle surcharge.

Il n'y a donc pas de danger immédiat pour votre propre santé.

  • Assurez-vous de bien connaître les faits : dans une période d’anxiété, nous savons que des "fake news" circuleront bientôt ou circulent déjà. Les recherches en psychologie nous ont appris que lorsque les gens sont anxieux, ils font preuve d'un biais cognitif et sont plus susceptibles de prêter attention aux éléments qui les dérangent et de les amplifier. Rectifiez cela et faites appel aux informations officielles et objectives fournies par le gouvernement : https://www.info-coronavirus.be/fr/.

  • Parlez-en avec vos enfants : surtout maintenant que les cours et les activités récréatives et sportives sont suspendus, ces mesures touchent également les enfants. Parlez-en avec eux en leur donnant des informations vraies et adaptées à leur âge. Les parents peuvent aider leurs enfants à faire face au stress et à l'anxiété en les laissant se concentrer sur la routine quotidienne. N'oubliez pas que les enfants considèrent leurs adultes proches comme des modèles sur la manière de gérer cette situation. N’hésitez pas à le rappeler aux parents.

  • Restez en contact : En restant en contact avec votre environnement, vous pouvez maintenir une certaine forme de normalité, partager des sentiments et évacuer le stress. Encourager les gens à partager entre eux les directives et les informations officielles afin de réfuter les "fake news" et de ne pas faire grandir le sentiment d’inquiétude. Respectez toutefois les mesures gouvernementales visant à empêcher la propagation du virus.

  • Cherchez une aide professionnelle : remarquez si vous êtes submergé par des sentiments d'anxiété, de peur et que ceux-ci perturbent votre vie quotidienne (travail, relations personnelles). Contactez ensuite un professionnel de la santé mentale, de préférence un psychologue de votre région. Il est très important de ne pas surcharger davantage les établissements tels que nos hôpitaux pour le moment.

  • Encouragez la sécurité personnelle : les gens peuvent veiller à leur propre sécurité et à celle de leur entourage. Ce sentiment de maîtrise de soi est important pour contrecarrer les sentiments d'anxiété. Cela peut se faire en suivant les directives du gouvernement en matière d'hygiène personnelle (par exemple, le lavage des mains), de mesures sur leur environnement (tel qu’éviter les événements), de respect de la distance sociale (par exemple : éviter un trop grand nombre de personnes dans des environnements trop petits), etc. Un aperçu de ces mesures est disponible sur https://www.info-coronavirus.be/fr/.

 

厚生省健康保険適用仮プロジェクト/soins psychologiques de 1ère ligne

現在、このプロジェクトもSkypeによるカウンセリングで対応しております。気兼ねなくご連絡ください。

2019年より厚生省による健康保険での割引を可能にする仮プロジェクト「soins psychologiques de 1ère ligne」が開始しました。
https://www.inami.fgov.be/fr/professionnels/sante/medecins/soins/Pages/seance-psychologie-1er-ligne-psychologue-clinicien-orthopedagogue-clinicien.aspx

多くの人に少しでも早く心理ケアを受けてもらうのが目的です。
以下の条件を満たせば、個人負担11.2ユーロで年4回(最大8回)カウンセリングを受けることができます。

・ベルギーの健康保険(Mutuelle)に加入していること。
・18歳〜64歳であること。
・うつ、不安、アルコール依存、睡眠薬・抗不安薬依存のどれかにあてはまること。

【 方法 】
①一般医(medecin généraliste)もしくは精神科医(psychiatre)による所定の用紙への記入:このページ下にある所定の用紙を印刷してお持ちください。
②相談室の予約:その際、このシステムを使いたい旨を必ずお知らせください。
③来談:記入済みの用紙健康保健のシール(vignette)をお持ちください。その回からお支払いは11ユーロとなります。→ 2020年1月より11.20ユーロに変更となりました。

このシステムを使った場合、カウンセリングは初回60分、2〜4回は45分となります。

不明な点があればいつでもお問い合わせください。


私の持ち時間は1週間に4コマです。また、このサービスはMedicisでのみ受けていただけます。Deltaではお使いいただけませんのでご了承ください。





こちらを印刷して、一般医か精神科医の所へお持ちください。

prescription renvoi 2020 extensionpng


お医者様用リーフレット


fiche informative medecinpng

患者様用リーフレット


Folder a destination des usagerspng



Folder a destination des usagers 2pngprescription renvoi 2020 extensionpngprescription renvoi 2020 extensionpng

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Nullam porttitor augue a turpis porttitor maximus. Nulla luctus elementum felis, sit amet condimentum lectus rutrum eget.